グライコクリーム6%

 

 

 

 

 

グライコのコラム(通販リサーチ)

グリコクリームは、6%ものグリコール酸を配合したニキビ治療と抗シワ治療のためのクリームです。グリコール酸は、色素沈着を薄くし、また肌を健康にする効果があるため、ニキビ治療や抗シワ治療に使用されています。グリコール酸は、10%の濃度のクリームが一般的です。最も信頼されています。過去にグリコクリームに含まれるグリコール酸よりも高用量のグリコール酸は、ニキビ、老人性色素斑、小じわに効き、ニキビを治す可能性があるので、日本人には用法用量がありません。

グリコクリームは、ケミカルピーリング作用により、大人のニキビを治したり、肌のハリや弾力を高めたり、シワを取ったりする効果が期待できます。低分子であるため、皮膚に微量に存在するため、使用することで毛穴の汚れを取り除き、ニキビが治ってもまた使用することで肌の生まれ変わりのサイクルを助けます。グリコクリームには、α-アルブチンとコウジ酸の3つの有効成分が配合されています。

グリコール酸を配合しており、日本ではあまり知られていないMicroLabs Limited社の製品ですが、ケミカルピーリング剤の中でも代表的なもので、αアルブチンとコウジ酸を10%配合している成分では過敏症になりにくいと言われています。また、以下の点が特徴です。有効成分には、皮膚のかゆみ、赤み、刺激などがあり、皮膚を更新し、清潔にしてくれます。グリコール酸は人肌用の化粧品に多く使用されており、その安全性は確立されています。グリコクリームは、グリコール酸を主成分としています。

予期せぬ副作用は報告されておらず、特に湿疹やホルモン治療による顔のしみ、くすみなどの場合には、まれに皮膚刺激、かゆみ、赤みなどの症状が出ることがありますが、配合成分に対する過敏症の可能性がありますので、ご注意ください。

グリコクリームは、ニキビ治療とシワ取りに使用できます。グリコール酸が含まれており、これは強い角質除去作用によるものです。グリコクリームに含まれているため、比較的アレルギーや炎症を起こす可能性があります。このクリームは、1973年に設立されたインドの歴史あるMicroLabsLimited社によって製造・販売されており、その成分に対して過敏症が報告されており、1日1回の使用で過敏症を引き起こす可能性があります。