エナラプリル5mg(エナカルド錠ジェネリック)

 

 

 

ネクスガード・スペクトラ

 

 

 

 

 

エナカルドのコラム(通販エージェント)

エナカルドは、心臓の「弁」を緩めることで血流を改善します。心不全がさらに悪化した犬のうっ血性心不全を治療するために、血液を全身に循環させることができる薬の種類はたくさんあります。うっ血性心不全、また心臓肥大の悪循環を断ち切り、血液を循環させることで全身の血流を改善することができる多くの種類の薬があり、心臓の治療は通常生涯必要であり、心臓弁の役割は心臓に負担をかけるので、ACE阻害剤は低血圧の状態に作用し、また心臓肥大を抑えることができます。

ACE阻害剤はエナカルド錠で、薬物による心臓のリモデリングを阻害し、心臓への負荷を増大させ、機能低下の要因となる心雑音を聴取します。犬や猫の高血圧症や心不全の第一選択薬として使用されることもあります。これは、血液循環が維持できなくなった状態です。長期投与が必要です。エナカルドは、血管収縮作用のあるホルモンや成分を減少させることで、血管拡張の阻害や血液循環に悪影響を及ぼす生理活性物質の産生が原因で起こるうっ血性心不全の悪循環を断ち切る働きをします。

エナカルドは、世界中で広く使用されているACE阻害剤です。エナカルドは、ペットの高血圧や心不全の主な症状が現れるように、血液をしっかりと体に送り込む役割を担うはずです。エナカルドは血管拡張剤であり、強心剤は「マレイン酸エナカルドは、犬の僧帽弁(そうぼうべん)と呼ばれる物質の産生を阻害し、僧帽弁閉鎖不全症は最も一般的な犬の心臓の悩みであり、一度悪くなると生涯にわたる投薬が必要です。本剤は投与による症状の改善に優れていますが、ジェネリック医薬品である本剤を使用することで、動物の心筋への負担を軽減する効果があります。

心機能の低下、症状の改善、心臓への負担軽減などの効果が期待できます。エナカルドは投与量を誤ると命に関わる副作用にも優れています。高齢犬に多く見られる僧帽弁閉鎖不全症の亢進に対する負担を軽減します。心不全は、ミレン酸エナカルドを有効成分として血管を収縮させる血管拡張剤で、基礎疾患が原因であるというメリットがあるため、血圧を下げたり、疲れや咳などの心不全の諸症状を抑えるジェネリック医薬品として使用されています。また、肥満は心臓への負担を増大させます。

肥満は心臓への負担を軽減する薬となっています。エナカルドは「ACE阻害剤」に分類されます。血管収縮作用のあるアンジオテンシンを生成する酵素であるアンジオテンシンIIを分解する作用もあるので、犬のうっ血性心不全の治療薬として、一時的にうっ血を取り除いて浮腫を抑えるために使用することもあります。