フロモン(フルオロメトロン0.1%点眼液)

 

 

 

 

 

フルオロメトロンのコラム(通販エージェント)

フルオメトロンはステロイドの一種です。FDCLtd(FDC)が製造・販売しており、フルメトロン点眼液の主成分です。目に炎症が起きているときに、優れた効果を発揮します。また、本機は効果が長時間持続することが特徴です。先発品のフルメトロン点眼液は、45分後に薬物濃度のピークを迎えるステロイド剤です。リポコルチンという物質は、ステロイド化合物としても知られていますが、その効果が強力に持続することがわかっています。フルメトロン点眼液は、抗炎症作用があり、眼瞼炎などの治療に使用されます。結膜炎や角膜炎を発症させることがありますが、フルオメトロンはそれらを抑制する働きが穏やかで、副作用もありません。

フルオロメトロンは、花粉症によるアレルギーや炎症を抑える目薬です。強力な鎮静作用があります。フルメトロン点眼液のジェネリック医薬品です。一方で、フルオロメトロンの濃度が1%と最も高いのが特徴です 1日数回、目に作用します。強力な抗炎症作用を持つステロイド点眼薬で、外眼部の炎症反応を抑えることができます。リポコルチンの合成を促進し、結膜炎、角膜炎、ぶどう膜炎、結膜炎、核膜、ぶどう膜炎、フルロメトロンを含む眼科手術後でも、目に起こる炎症を速やかに抑える可能性のある点眼薬として、ジェネリック医薬品に分類されている目の部分のみに使用されています。

炎症性疾患の治療薬なので、目のかゆみやアレルギー(花粉症など)で悩んでいる人にも使われます。フルオロメトロンはアレルギー症状に悩む人にも適しています。世界50カ国以上に供給されており、多くの医療機関で積極的に眼圧上昇を抑えることで症状の改善・緩和を図ることができ、1回の点眼で炎症症状の治療に使用されています。その代わり、1日1~2回の使用で効果が高く、副作用が出ることもあります。また、眼球内に移行しない特性で製造されています。

フロモン0.1%は、眼球に塗布することで抗炎症作用を発揮します。フルメトロン点眼液は、細菌やウイルスの感染による炎症に深く関与しています。炎症による腫れやかゆみを和らげます。フルメトロン点眼液0.1%は、角膜に穏やかに作用する点眼後の炎症など、さまざまな眼表面に浸透し、痛みなどの症状を強力に改善します。主成分のフルオロメトロンは、眼球表面に長時間とどまることができ、十分な効果と安全性が確認されているので、定期的に検査を受けることをお勧めします。

重要なのは、ステロイド薬としての働きです。フロモンの有効成分であるフロロメトロンは、ステロイド剤です。フロロメトロンは比較的作用の穏やかなステロイドであるため、日本ではフロロメトロン(フロロメトロン)0.1%点眼液ジェネリックの配合が承認されています。眼瞼炎、光視症、術後の炎症などに広く使用されています。