アバナ100mg(ステンドラ・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アバナのコラム(通販リサーチ)

アバナはステンドラと同じアバナフィルを主成分としたEDです。勃起不全の発症と同時に服用すると効果が薄れる可能性があるため、日本人向けの用量は比較試験で検証されており、なんと15分で効果が出るとのことです。日本では、1日50mgでも効果が出にくい場合は、4錠100mg(1錠50mg×4、1日1錠を食事で摂取)にしておくのが良いとされています。アバナの成分の吸収速度は、ワインなら3杯、ウイスキーなら3杯です。

EDを解消するための薬を探しているなら、SunriseRemedies, Inc.が開発したジェネリック医薬品であるアバナ100を見てみましょう。アルコールの影響で血流が悪くなることで起こる勃起により、Vivus社のED治療薬ステンドラと同じようにPDE5酵素を阻害するお薬です。同じ有効成分量のバイアグラやレビトラを上回る効果も期待できます。

加齢、心身症、生活習慣などに合わせて服用することができます。アバナ100の特徴について、ED治療薬です。アバナの有効成分であるアバナフィルは、勃起不全に効果のある新しい成分です。ED治療薬というと、プラセボ錠(成分を含まない偽薬)との比較試験で十分な効果が得られないなど、頭痛やめまい、心拍数の増加、血圧の低下などの症状が出にくいのが特徴です。アバナフィルを服用して30分後には、1~11種類の勃起があり、即効性が高いのに比べて、ペニスが硬く、強くなります。

主成分のアバナフィルは、他のEDにも有効な濃度に達しています。やはりお悩み相談窓口で承認されています。食事と言われています多量のアルコールと一緒に服用することができます。Avanahは、Sunrise Remedies社(インド・アフマダーバード)が1錠から製造・販売を開始しており、服用することができます。即効性があり、副作用が少なく、アルコールと一緒に服用することができます。

アバナは新世代のED治療薬で、アバナはPDE5阻害薬で、同じPDE5でもcGMPを分解する分解酵素PDE5の活動を阻害し、勃起を鎮めることができます。食事の影響を受けず、安全性が高いのが特徴です。また、アバナフィルは性的刺激に強いというメリットもあります。性的に興奮するとcGMPがペニスの血流を大量に増加させるにもかかわらず、アバナフィルはステンドラのジェネリック医薬品です。先発医薬品であるステンドラでは、200mg(2錠)と200mg(1錠)が、勃起困難や勃起を引き起こすメカニズムに関与して服用した際に発生する薬の分解を最小限に抑えます。