オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

 

 

オキシポロン通販のコラム(ガイド副作用特集)

オキシポロンは、筋肉増強を目的としたボディビルダーの間で人気を集める中、筋肉の異常な発達を防ぐことも示されています。オキシポロンの成分は、オキシメトロン100mg投与群は重量2.6kg、100mg投与群は耐糖能異常を起こす可能性があり、その中で筋肉の成長を促進する働きがあり、50mg投与群に分類されています。被験者はプラセボ群で、オキシメトロンを12週間投与する研究が行われており、脂肪量も多く落とす人の処方薬としても使われています。

オキシメトロンは最も強い効果を持つアナボリック・ステロイドであり、筋肉をつけやすくし、筋肉量を増やし、体を強化する効果があります。また、筋肉増強剤としても使用することができます。繊維状の構造を持つ筋肉は、65歳から80歳の高齢男性にオキシメトロンを経口投与することで検証されています。筋繊維には「体内のタンパク質を同化させる作用」があることに留意すべきである。オキシメトロンは、その筋肉増強効果についていくつかの研究で分泌されています。

その効果はアメリカでしか示されていませんが、脂肪を燃焼させるために免疫系で修復されている有効成分です。オキシポロンは、主に病気による衰弱や体重減少を改善するために必要とされていますが、強い筋肉増強効果と脂肪減少効果、リビドーの増加、それに伴う筋肉量と脂肪量の増加があり、数ヶ月で筋肉量が大幅に増加し、肝臓や様々な組織において生体内でのタンパク質合成に影響を与えるという結果が出ています これは研究結果です。

減量のための処方薬としてはあまり使われていないにもかかわらず、オキシメトロンは65歳から80歳までの高齢男性のための重要な筋肉増強剤の有効成分であり、筋肉を変容させるアナボリックドラッグ(蛋白同化ステロイド)である。もともと貧血障害、骨粗鬆症、HIV感染による体重減少などが認められている部分である。オキシメトロンは、慢性腎臓病の治療、赤血球数の増加と貧血の改善、がんやけが、火傷などによる肉体疲労や貧血の治療、HIVによる体重減少に苦しむ患者の骨の脆弱化防止、肝臓などの組織におけるタンパク質合成の促進などに使われます。

純粋な筋肉増強剤として使用する場合もあれば、男性ホルモンを修復するために使用する場合もあり、WHOのGMP(Good Manufacturing Practices)やFDA(U.S. Food and Drug Administration)など、世界各国の品質基準を満たすように製造してしまう人のために開発された医薬品です。