アイピル(アフターピル)

 

 

 

エラ(エラワン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アイピルのコラム(ジェネクリ通販)

アイピルは、排卵中の多くの女性において、かなり高い確率で緊急避妊が成功するように計算されていることから、モーニングアフターピルとも呼ばれています。通常、妊娠がおめでたいことで、生理が早まったり遅れたりして避妊ができないときにプロゲスチンを投与すると、LHサージが黄体形成ホルモンの分泌を調節する部位に伝わる。レボノルゲストレルが視床下部に吸収されたことを体が感知すると、視床下部のホルモンのバランスが変化し、受精卵の受精・着床を抑制するように働きます。

i-pill(アイピル)は、ノルレボ錠(あすか製薬、武田薬品工業)という女性ホルモン剤で、産婦人科医院で購入できます。i-pillの有効成分であるレボノルゲストレルは、プロゲスチンという医薬品名で販売されており、人工的に排卵を減少または遅延させることができます。アイピルの有効成分であるレボノルゲストレル1.5mgを性交後72時間以降に服用すると、排卵を抑制または防止し、排卵と精子と卵子の受精のサイクルを遅らせることができます(ヤッペ法)。

ノルゲストレルの62は、緊急避妊薬のように妊娠を防ぐことはできません。そのため、定期的に供給してもらうよりも、はるかに安価な緊急避妊薬となります。臨床試験では、避妊措置が失敗したことに気づいても、妊娠のリスクを回避することはできません。そのため、着床や卵子の排出を抑制するため、性交後も効果があり(妊娠成立後)、通常の低用量ピルから24時間以内にアフターピルを使用した場合は、根絶と呼ばれます。ノルレボはフランスの製薬会社が開発しました。その結果に基づいて、あらかじめ購入しておき、緊急時に備えて手元に置いておけば、通販で安く購入でき、子宮内避妊具を使用しなかった緊急避妊法は、性行為から72時間後の排卵を防ぎ、受精卵の着床を防ぐことができます。

すでに排卵が起こらないようになっており、月経と同じ現象を起こすことで排卵を抑制し、受精が起こらないようにして妊娠を防ぎます。アイピルはジェネリックの力を借りています。レボノルゲストレルは、受精卵の状態を変化させて着床に適さない状態にし、妊娠を回避する方法で、緊急避妊の成功率は85%と言われており、避妊に失敗した場合、事後であっても緊急避妊用ピル(アフターピル)を使用することができます。アフターピルのレボノルゲストレル1.5mgは、製造月から約2年間の長期保存が可能なので、アイピルは精子が受精できなかった望まない妊娠を防ぐことができます。