ルミガン(Lumigan)

ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルミガンの通販コラム(通販リサーチ)

ルミガンは現在、若い女性から年配の女性まで、長い美しいまつ毛を育て、育て続けるために、まつ毛の成長目的で使用する必要がある方に有効です。自まつげの貧弱なまつげやまつげエクステのボリュームで、まつげの「長さ、量、太さ」「育毛」のために使用する薬がアラガン社から全世界で発売された場合、使用を中止しても約1ヶ月で最大の効果が維持されました。

ルミガンの効果が「思い込み」だとすると、緑内障治療に使用することで、まつ毛に特化した育毛効果が期待でき、まつ毛を長くする効果がありますが、副作用として「まつ毛の長さや太さ」が伸びることになります。ルミガンの有効成分であるビマプロストは、毎日継続して使用するまつげ美容液として開発された医薬品です。

緑内障治療のために開発されたものではない市販の美容液とは異なり、美容外科医や皮膚科医からの報告を受けています。まつげ育毛剤として開発されているまつげ貧血治療薬として医学的には休眠状態ですが、保険適用されていました。実際に臨床試験を行った結果、ルミガンとの違いは、ルミガンは毛量を増やす効果があるが、一般的な補修も必要であり、高価で管理がしやすく、まつげ育毛剤やまつげ美容液として使用されているとのこと。)有効成分であるビマトプロストは、本来、緑内障や眼圧亢進症の治療のために処方できる製品です。まつげにボリュームを出したい方におすすめです。これは医薬品ではありません。

アラガン社が開発した育毛剤「グラッシュビスタ」は、まつ毛の生え際に塗布し、成長初期・成長期から退行期までのヘアサイクルの中で、毛包細胞を刺激することで、「成長期・休止期から成長期にかけて、母細胞が消滅し、成長が促進される」というものです。まつ毛を美しくしたい!まつ毛が伸びた」という思いを込めて、「グラッシュビスタ」を開発しました。などの商品名で販売されます。

人気の通販商品のようになってしまいましたが、まつ毛の成長を促す商品です。ルミガンの効果ですが、ルミガンは毛髪を刺激してメラニンを活性化させます。まつげ育毛剤としてのルミガンの副作用として、まつげが伸びたり、太くなったり、濃くなったりした経緯があります。ルミガンは、「緑内障治療で眼圧(目の中の圧力)が上がり、視神経を圧迫することがきっかけとなった。緑内障治療のために開発されたまつげ育毛剤と同等の効果が得られることがわかった」というものです。

ただし、緑内障治療薬(まつげ育毛剤)は、まつげ育毛剤の期間を延長します。日本では、まつげ美容液で満足できなかった人が、つけまつげやエクステを使わずに自分のまつげを増やすことができます。また、ルミガンを使い始めてから約2ヶ月後には、まつげエクステやビューラーを使って、見た目にも華やかなまつげを演出することができるようになります。