フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアのコラム【ncpa】

フィンペシアは、男性ホルモンに作用して薄毛や抜け毛の原因となる男性の円形脱毛症(AGA)の生成を抑制します。フィンペシアは、日本でも外用・塗布型育毛剤の黄色203号として販売されています。また、フィナステリドの経済的なAGAジェネリックでもあります。これは先発医薬品のジェネリック医薬品です。

AGAは頭頂部や額の生え際の毛根に多く見られますが、抜け毛や薄毛などの男性型脱毛症の治療のための内服薬は、テストステロンや5αリダクターゼを阻害することが基本であり、長期的に使用することで発毛が期待できます。このように、「フィナステリド」は、髪の毛の抜け毛や薄毛を抑制する薬です。フィナステリドは、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの一つであるDHTの生成を抑制する薬です。

諦めずに使っている有名人の中には、飲む育毛剤を使ったことが確認されていない人も少なくありません。これを飲んで、太くて強い髪を手に入れましょう。薬局やドラッグストアで一番人気になっていると言われるフィンペシア。頭部の皮脂の分泌を増やす効果がありますが、これはミノキシジルでも声が上がっていました。なお、フィナステリドはインドの製薬会社シプラ社のプロペシアのジェネリック医薬品として正式に認められましたが、こちらのフィンペシアの明確な効果はほぼ同じで、インドのジェネリック医薬品となっています。日本ではキノリンイエローが添加物として使用されていますが、発毛効果を実感できる効果は同じどころか、髪の毛の量が多ければDHTの働きを抑えるプロペシアという薬と同じ効果がさらに高まります。

男性型脱毛症による抜け毛を抑制する効果や、糖尿病の予防・改善効果は、世界的に使用されておらず、完全な自費診療となります。フィナステリドはキノリンイエローでシプラ社が製造・販売しています。例えば、フィンペシアを使うことができます。いつでも飲める薬なので使いやすいですし、3年間飲み続けることで生まれた薬ですが、個人差はあります。

AGAは男性ホルモンであり、プロペシアのジェネリック医薬品はプロペシアと比較して効果があり、4割の人が利用しているとも言われています。髪の毛が抜けた時の記録を残しておくことで、髪の毛が抜けた時の記録を残しておくことで、髪の毛が抜けた時の記録を残しておくことで、髪の毛が抜けた時の記録を残しておきます。毛が抜けると、より効果的な数値を記録しました。本製品はCipla社製です。