ウィンゾロン10mg(スタノゾロール)

 

 

スピロテロール40mcg(クレンブテロール)

 

 

 

 

 

ウィンゾロンのコラム【スタノゾロール

ウィンゾロンは、筋肉量の増加を目指す方に人気のあるアナボリックステロイドです。1989年に設立され、病院でも販売されていますが、DHT由来のアナボリックステロイドよりも女性に適していると言われています。また、いわゆる “マッチョ “を維持するためにも使用されています。ウィンゾロンの特徴として、アナボリックステロイドの問題点とされていますので、体の反応や状態に十分注意してください。1日3回の使用が目安です。

ウィンゾロン(スタノゾロール)は、「筋肉をつけたい男性」「筋肉をつけたい女性」におすすめです。女性でも使用・使用できます。Winzoloneの成分であるStanozololは、同化ステロイドと考えることができます。体内のタンパク質の合成を促して筋肉の合成を促進するのではなく、複数回に分けて服用することで、脂肪を増やさずに効率的に筋肉量と筋力を増加させることができる薬なのです。したがって、スタノゾロールは、一度に3回服用しながら、脂肪を増やさずに筋肉だけを落とすための薬なのです。これはイギリスの研究ではありません。

リスクがあるので、筋肥大のみに使用することが推奨されています。この時のベン・ジョンソンは、カール・ルイスに圧倒されていた。つまり、ダイエットなど減量のために摂取する「カッティング」に使われるほどの効果はないのです。ウィンゾロンを類似薬と比較すると、長期間服用して筋肉量を維持している男女の群れで筋肉量を増やしたい場合は、メダナボルやダイアナボルを検討します。これらは女性の筋肉増強目的での使用が承認されていますが、オスのマウスにも有効です。

有効成分は「アナボリック・ステロイド」とも呼ばれ、男性化が起こりにくいため、異常が現れたときにのみ効果を発揮する。また、血中濃度を下げる必要があります。また、アナボリック効果は強すぎず、初心者の方や、筋力をつけて代謝を上げたい方、美しいボディラインを目指して減量したい方、服用を中止したい方などは、筋力や筋肉が増加し、筋肉を維持するだけでなく、減量期間中に体を引き締め、効率よく筋肉を切ったりずらしたりすることができるようになるでしょう。

3週間以上のウィンゾロンの有効成分は、あまり「男性化」しておらず、女性ビルダーにも愛用されているステロイドです。有効成分もより「男性よりも筋肉量を維持しながら脂肪を落としたい方、筋肉量を十分に聞きながら少しずつ増やしていきたい方、ケガや火傷などによる大幅な筋力低下を改善したい方に高い効果を発揮します」とのこと。

ステロイドは、女性のボディビルダーが脂肪だけを落とすことから、一度に3回服用することに関しては効果が弱いとされていますが、大きなエンジンで筋肉をつけたい方だけでなく、筋力をアップして代謝を高め、理想的なボディラインを目指したい方にもおすすめです。そんなあなたにぴったりです。