ラミクタール100mg

 

 

 

 

 

ラミクタールのコラム【通販くすりロイヤル】

ラミクタール錠は、水で服用して噛むことで、周囲に刺激を伝えることもできます。ラクミタールは、日本でも承認されているグルタミン酸の遊離を阻害する薬で、てんかんの発作予防や双極性障害の気分エピソードの再発・再燃防止のために使用した場合に発生するてんかんの治療には使用が認められていません。

ラミクタールには催奇形性が報告されています。これは、脳内の神経細胞の異常な興奮を抑制し、異常な興奮を鎮めることによります。また、脳神経が過剰に興奮する全身性の発作である強直間代発作(大発作)や、小児の欠神発作のほか、脳の一部や脳が興奮する全身性の発作、発作では抑えきれない感情の起伏なども抑えます。主に双極性障害の両方に使用され、単剤での使用が可能であり、てんかんを調節する薬剤との併用や、双極性障害における気分エピソードの再発・再燃の抑制には制限がありません。

薬の効果はすぐに出てほしいものですが、併用することで強力な効果を発揮する薬です。ラミクタールは市販されていますが、日本だけでなく世界的にも有名な製薬会社で、合成物質の生成・放出をコントロールする効果があります。ラミクタールも抗てんかん薬の一つで、ラミクタールを急激に増量した場合の重篤な副作用のリスクを軽減します。ラミクタールは先発医薬品として世界中で使用されており、精神科領域では、強直間代性発作、強直間代性(大発作)、小児の欠神発作、レノックス・ガストー症候群の全般発作のほか、躁鬱病、統合失調症、神経症性てんかんなどの治療に使用される主要な気分安定薬の一つです。また、うつ病だけでなく、躁うつ病、統合失調症、神経症の治療にも使用されます。

ラミクタールは、Na+チャネルの機能を阻害しますが、Na受容体に対しても阻害作用を示します。ラモトリギン100mgは、他にもノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどの抗てんかん薬として広く使用されています。塩化物イオンのナトリウムチャネルを周波数依存的に阻害し、リーマス(炭酸リチウム)やデパケン(バルプロ酸)などの「一般的なてんかん薬」の過剰な興奮を防ぎます。また、ラクミタールは、グラクソ・スミスクライン社が開発した抗てんかん薬や双極性障害には服用しないので、子どもにもスムーズに服用できる薬です。