ビセレクト5mg(メインテート・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

メインテートのコラム【通販ノワール】

メインテートは、心臓の血管が収縮することで、一時的に心臓に酸素や栄養が供給されます。また、メインテートの有効成分として必ず含まれているアンタゴニストは、心臓や血管系の活動を抑える働きをします。心拍を抑制するのです。心臓血管系に関連するβ1受容体をブロックすることで、24時間にわたって良好な効果を発揮します。ビセレクトの働きにより、心血管疾患患者の約90%を占める本態性高血圧症(軽度~中等度)、狭心症、心室性期外収縮、慢性心不全の治療に使用されています。

メインテートジェネリック(ビセレクト)は24時間という長い特徴があり、頭痛などの神経インパルスに対して2種類の本体があります。この成分はビソプロロールフマル塩酸塩です。このお薬では、高血圧の患者さんに処方されています。優れた効果が世界的に認められており、上記のような症状が報告されていることから推奨されています。胸が締め付けられるような痛みを感じるようになります。インタス社が製造・販売しているこの薬を選ぶ必要があります。心臓の血流を減らします。心臓の働き過ぎを抑える薬です。

メインテートは「生体内β遮断薬」に分類され、血圧を上昇させる要因の一つである血液量を節約することができます。メインテートは、症状に応じて使用方法や用量が異なります。中でも、頻脈や狭心症などの症状に対する治療薬です。有効成分は、特に心臓において、一部の神経伝達物質やホルモンの働きを抑える効果があります。

β遮断薬「メインテート」と同じビソプロロールフマル酸塩は、心臓に存在するβ受容体を遮断することで、心筋や心臓の刺激伝達系に症状を引き起こす薬剤である。Mainateは、心臓の交感神経系に作用します。有効成分が交感神経のβ受容体に結合することにより、ノルアドレナリンなどの心臓刺激物質の負担を軽減します。この薬は、心臓を休ませ、血圧が正常に近づくにつれてその負担を軽くすることで血圧を下げます。また、心臓の交感神経を刺激して血液循環の効率を改善する作用があります。

ビソプロロールフマルは、70%以上の症例で症候性高血圧の改善に使用されています。また、将来の過活動心臓や不整脈などの症状を抑えることで、高血圧症や狭心症を改善することができます。ビセレクトは、心臓の動きを穏やかにし、血管を流れる血液の量を調節することで、血圧を下げ、血液の出方を調節することで、血圧の改善率を示しています。先発医薬品である。メインテートは、血圧が高い心臓に対して、心臓の収縮力と心拍数を増加させます。