LAN15mg(タケプロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

タケプロンのコラム【通販モーション】

タケプロンは、胃酸の分泌を抑制する効果のあるランソプラゾールを有効成分とする薬です。タケプロンは、服用するだけで1日中胃酸の分泌を抑えることができるため、胃潰瘍や逆流性食道炎などのさまざまな胃病変を引き起こし、粘膜の損傷や最悪の場合はがんを引き起こす可能性があります。タケプロンという商品名の魅力は、胃潰瘍、逆流性食道炎、胃潰瘍などの消化器系疾患の治療薬であることです。強い胃酸分泌の源であるプロトン(H+, K+-ATPase)に作用します。

正常な状態では、胃酸を分泌するプロトンポンプを阻害します。2種類の胃腸薬は基本的な潰瘍にも効果がありますが、食道に行く途中の食べ物が食道に逆流して必要以上に胃酸が活性化している場合に服用します。発売当初の効能に加えて、胃酸で荒れた消化性潰瘍の薬を服用することで胃潰瘍を起こしたり、胃や十二指腸に穴を開けてしまう危険性があります。

成分や効果は先発品と同じで、これが活性化して吐血を起こすと 吐血(血便)、胃や十二指腸の粘膜の損傷 また、胃酸分泌抑制作用により胃酸が通常よりも少ない状態で、抗生物質とランソプラゾールを服用することにより、抗生物質が殺菌作用を発揮する際に大量の胃酸が分泌されます。

抗生物質(ピロリ菌)の服用による胃酸が原因の胃潰瘍の場合、有効成分のランソプラゾールは、鎮痛作用のある「低用量アスピリン療法」や、適量を守って服用すれば日中や夜間の胃酸の逆流を抑える抗炎症剤にも使用されています。これにより、胃潰瘍や逆流性食道炎などの胃の病変が発生することがあります。タケプロンは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、胃潰瘍などの再発防止にも効果があります。

タケプロンを服用したら、一度医師の診察を受けることをお勧めします。これらは、胃から食道への胃酸の分泌が阻害されることによって起こります。重篤な病気の原因となる細菌を殺菌して強い抑制効果を発揮するため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍では中和されます。菌の除菌の補助や「非びらん性胃食道逆流症」の治療などには十分な効果がありません。タケプロンは、プロトンポンプを阻害する酵素(プロトンポンプ阻害剤のひとつ)であり、胃酸過多による痛みや胸焼けを解消するものではないため、必ず薬で治療する必要があります。