ハリフィン(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ハリフィンのコラム【通販モーション】

ハリフィンは、TOマークで知られるタイの製薬会社、T.O.ケミカルズが製造・開発していることがわかった。T.O.ケミカルズは、タイの製薬会社です。ハリフィンの有効成分を含め、性ホルモン環境に変化をもたらすことで脱毛を促すミノキシジル系の製品と併用しているそうです。また、ハリフィンは頭皮のジヒドロテストステロン濃度を下げるため、男性型脱毛症にも使用されています。

ハリフィンは、前頭部、頭頂部、額の生え際から始まる薄毛・抜け毛を予防し、毛髪の成長サイクル(ヘアサイクル)を正常化し、抜け毛を防ぎ、薄毛の原因となる酵素を阻害します。有効成分が原薬の5αリダクターゼ酵素と結合することで、毛髪を正常な状態に保ちます。薄毛の原因となる酵素を防ぐことで、前立腺肥大症や脱毛症の原因を正常なヘアサイクルへと導きます。

服用のタイミングとしては、最低でも半年間は内服を続けることが可能です。ハリフィンは、ヘアサイクルを正常化し、脱毛の進行を遅らせる効果があります。1992年に医学的に著名なAGA治療薬として厚生労働省に認可されています。薄毛の体質を最初から決めている還元酵素Ⅱ型の5αリダクターゼが、ジヒドロテストステロン(DHT)が増えると抜け毛を促進すると考えられています。

プロペシアのジェネリック医薬品で、有効成分としてフィナステリドを含有しています。有効成分フィナステリドの作用を抑制し、毛髪量を増加させます。髪の毛の量を維持・増加させる効果があると発表されてから発売されたプロペシアのジェネリックで、ハリフィンを半年以上服用している中年男性であることは間違いありません。半年以上飲み続けているのは、間違いなく中年です。

海外で作られたと言われる育毛剤です。ミノキシジルタブレットのノキシジルとケトコナゾールで男性とAGAを予防できます。また、発毛サイクルを正常な状態に整えることを目的として、日本で流通して患者に服用されているジェネリック医薬品です。副作用については、FDA(米国食品医薬品局)で承認された男性型脱毛症の治療に使用されています)を使用しています。