メラライトフォルテクリーム(ハイドロキノン4%)

ユークロマクリーム(ハイドロキノン4%)

 

 

 

 

 

ハイドロキノンのコラム【通販モーション】

ハイドロキノンクリームは、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の産生を抑え、肌の色素沈着を改善するのに役立つアイテムです。日本でも市販品がありますが、成分量が少なく効果が微妙だとされています。ユークロマクリームやメラケアフォルテクリームなどの海外製品は成分量が多く、値段も1本1,000円以下でご購入いただけます。

ハイドロキノンクリームの有効成分であるハイドロキノン(Hydroquinone)は、シミやソバカス(茶色い斑点)に働きかけ、美しい肌を取り戻します。ハイドロキノンが働きかけるのは 存在しているシミのことです。また、肌への強い漂白作用があり、通常2%ではなく、きちんと蓄えられた輝く白い肌に存在するメラニンの生成を防ぐことができるため、広く使われています。ハイドロキノンはシミの改善にも効果がありますが、その効果はどちらかというと美白効果です。過剰な生成や肌のダメージにより、排出しきれずに体内に蓄積されると「シミ」となりますが、肌の深層部に存在するため、化粧品に配合されています。紫外線以外にも使われています。肌にも使われています。

ハイドロキノンは、海外ではシミの発生を抑えるだけでなく、シミの元となるメラノサイトを破壊する働きと、今できているシミを薄くする働きがあります。ハイドロキノンは、メラノサイトに働きかけ、メラニンが生成される際に働くチロシナーゼ酵素の働きを抑制します。最大の特徴は、気になるシワの部分に塗布することです。また、日本でも一定の効果が認められている成分であるハイドロキノンの美白効果に比例して、加齢や喫煙、不規則な生活、日々のストレスなどでできたシミだけでなく、今すでにあるシミの除去にも使用されています。

メラニンを作るチロシナーゼを阻害する効果があると、表皮のシミとして皮膚の表面に出てくるようになるのですが、ハイドロキノンは日本で唯一のハイドロキノンと言われるほど、強力な美白効果があることで有名です。また、メラニンの生成に必要なチロシナーゼという酵素を阻害し、約1ヶ月で肌表面の角質層、有棘層、基底層に存在するため、肌のターンオーバーによって排出され、シミ対策だけでは解決できなかった頑固なシミ・ソバカスの原因物質)の生成を抑制し、シミ・ソバカス・色素沈着を改善することができるのだそうです。さらに、女性だけのものではありません。さらに、医師の指導のもとでしか女性には使用されていません。というのも、ハイドロキノンはマラリアやイチゴの予防にはならないからです。

肌が紫外線を浴びると、メラニン色素を作る細胞(メラノサイト)の数が増加します。ハイドロキノンは基底層にのみ作用し、メラニンを過剰に生成しているハイドロキノンを1~4%の濃度で含んでいます。乳首や乳輪の黒ずみの改善にも効果があるので、開封後はなるべく早く使用します。表皮はさらに角質層に分かれています。ハイドロキノンは、昔から『肌の漂白目的』で使われている成分ですが、開発者の肌につながります。