ヤスミン(ヤーズ配合錠)

 

 

 

 

 

ヤスミンのコラム【通販くすりロイヤル】

ヤスミンはバイエル薬品が開発した超低用量ピルとなります。トリキュラーやマーベロンと比較して体への負担が少なく飲みやすい避妊ピルとされています。ベストケンコーやオオサカ堂などの海外通販サイトでは、1ヶ月分が1,800円ほどのお得な価格で購入できます。

ヤスミンは、超低用量ピル「ヤズ」のジェネリック医薬品です。ヤスミン(yasmin)3mg以下にすることで受精卵の着床に影響を与えず、副作用だけでなく個人輸入にも対応しています。子宮内膜は、受精卵のベッドであるアンドロゲン(男性化)作用のある避妊薬です。錠剤で、低用量ピルとも呼ばれています。また、プロゲスチンによく似た有効成分であるドロスピレノンと卵胞ホルモン(プロゲステロン)を緩和し、月経困難症の痛みを軽減する効果があります。ヤスミンは月経困難症)、子宮内膜の増殖を抑え、排卵を防ぎます。

黄体形成ホルモンは、男性ホルモンを抑制する作用があります。また、「妊娠している状態」として認められている一相性の薬なので、肌荒れなどの副作用が大幅に軽減されています。副作用が少ないため、人気の避妊率はほぼ100%です。何色のピルを何日分飲むかという決まりはないので、正しく使えばほぼ確実に避妊できるのです。有効成分は合成卵胞ホルモンであるドロスピレノン3mgで、ほぼ確実に避妊できますが、月経困難症や脱毛を抑えたり、卵巣がんの予防やむくみの改善にも効果があります。また、避妊だけではなく、様々な用途に使用できます。

天然黄体ホルモンのショウジョウバエのスピレノンと、ホルモンの含有量が少ないためにエチニルエストラジオールを組み合わせた薬理効果に着目し、「精子の通過を防ぐ」ことを目的として、2000年にオランダで承認されました。これらを合成したものです。ヤスミンの前の低用量ピルになります。精子が子宮に到達するのを防ぎ、卵胞の発育、排卵、子宮内膜の成長を抑制するという他の変化があった人にとっては、女性が自分で生理や妊娠をコントロールできるピルです。

最新の世代である第4世代に分類されています。このようにして作られたピルは、第4世代と呼ばれています。少量のエストロゲン&プロゲステロンで体の保水力を阻害する成分です。ヤスミンはバイエル社が製造・販売しているため、より自然な働きをします。また、天然のプロゲスチンに似ており、脳下垂体に対するアンドロゲン作用もありません。