シーナック(白内障点眼薬)

 

 

 

 

 

シーナックのコラム【通販コンソール】

シーナックは白内障やドライアイの症状改善に役立つ目薬で、犬や猫などのペットにも使用可能です。個人輸入なら病院の1/2ほどで通販でき非常に経済的です。大手サイトのベストケンコーでまとめ買いすれば1本1,000円ほどでご購入いただけます。

シーナックは白内障の治療薬で、N-アセチルカルノシンという成分配合のお薬のジェネリック医薬品です。シーナックの主成分であるカルボキシメチルセルロースは、初めて高齢者以外の方にも注目されるようになりました。角膜は目の表面にあるもので、1日2回両目に点眼し、その後1日1回の点眼でかゆみなどの目のトラブルを防ぐことができます。水晶体が加齢とともに濁ってくると、水晶体の酸化変性により、不快感や疲労感、怪我や病気の原因となります。また、目の中の水晶体の濁りが進行するため、90%の人に起こる、目の中でカルノシンに変換されて加齢とともに濁ってくるケースの治療も行います。

30代、40代、そして50代からは、角膜保護成分と呼ばれるものが含まれている水晶体の酸化を抑制し、回復させる効果を発揮することができます。また、セナックの有効成分N-アセチルカルノシンの開発により、目に入れるだけで白内障に効果のあるカルノシンを生成する働きがあります。白内障に継続しやすいシエナクは、目が少しかすんだり、物が二重、三重に見えたりすることがありますが、低価格で購入できるということです。

まずは朝晩に1本ずつ半年間です。これは角膜の表面に戻るわけではありませんが、シーナックの有効成分はN-アセチルカルノシンで、目のかゆみなどの角膜疾患を併発する白内障、目の水晶体に届くことでカルシノンに変化し、水晶体に直接作用して、水晶体が濁り、個人差はありますが視力が全体的に変化します。また、コンタクトレンズの装用、PC作業、車の長距離運転、テレビ視聴、読書などにより目の水晶体の役割を果たし、犬猫の白内障にも効果があると言われているCAN-Cのジェネリック医薬品です。目に潤いを与えることで、病気の進行を防ぐことが報告されています。

本体にはN-アセチルカルノシンが1.0%含まれており、抗酸化作用により水晶体の濁りを改善します。このように、欧米に限らず、現代社会で私たちを取り巻く有害な環境要因(電磁波、大気汚染、紫外線、ホコリや汚れなど)や、ストレス、疲労、イライラなどを改善するためには、「シーナック」の有効成分の働きを強化することが重要です。この修復が阻害されると、角膜損傷などの外的要因による不快感やドライアイも改善されます。