ヤスミン(ヤーズ配合錠)

ヤズ(ヤーズ配合錠)

 

 

 

 

 

ヤーズのコラム【通販ソーシング】

ヤーズはバイエル社が開発した新しい低用量ピルです。旧世代と比べて、むくみや肌荒れなどが起きにくく、継続して使いやすい避妊ピルだと言われています。ベストケンコーなどからバイエル社の正規品を個人輸入でき、1年分まとめ買いすれば1ヶ月分が1,500円になり非常にお買い得となっています。

ヤーズは、月経困難症の予防や体のむくみをとるためにも使用されます。ヤーズにより卵胞が成長できないことが処方されており、ヤーズのアンドロゲン効果は、黄体形成ホルモン(女性ホルモンの分泌をスムーズにし、卵胞の成長をそれぞれ抑制する)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモンの分泌を減少させます。子宮内膜の成長を抑制する作用もあり、月経前症候群(PMS)や生理不順を改善するために服用することができます。

ヤーズは、妊娠を防止する能力があるため、高い避妊効果があります。ヤーズの有効成分である黄体ホルモンの一種であるドロスピレノンは、ドイツのバイエル社が、女性の月経痛や月経中の症状を治療するために開発したものです。女性ホルモンのアンドロゲンに似た働きをして、浮腫み(むくみ)の症状を和らげたり、子宮頸管粘液の粘度を変えたり、精子が体内に入るのを防いだりします。

大手製薬会社であるバイエル薬品が製造・販売しており、インド向けの添付文書には、バイエル薬品の正規品の有効成分として記載されているからです。ヤーズに含まれています。子宮内膜症、更年期障害、難治性ニキビ(大人ニキビ)の低用量ピルに比べ、体重増加、むくみ、肌荒れなどの副作用が大幅に軽減されたこの成分は、体内で女性ホルモンとして働き、避妊効果も100%に近いものがあります。また、子宮内膜の増殖を抑制します。海外での避妊目的では、すでに日本でも避妊用ピルや低用量ピルが販売されており、これらの成分構造の避妊効果は確認できています。ただし、日本国内の医療機関では使用しないでください。日本では避妊目的で使用されています。

日本の医療機関で処方される場合、脳の下垂体に作用し、2種類の女性ホルモンとして作用し、女性ホルモン含有量は0.02mgです。ヤーズは、日本の医療現場で積極的に知られている低用量ピルです。ヤーズは、脳下垂体で妊娠状態と認識されるエストロゲンの含有量が少ない低用量ピルで、日本を含む世界各国で服用されているように、卵胞ホルモンの一種であるドロスピレノンとドロスピレノンを主成分とする新しいタイプの避妊薬です。特に、有効成分を極力抑えているため、月経期間の短縮や子宮内膜の増殖を抑制する効果があります。

この薬は、少量の女性ホルモンを使用して排卵を抑制する国内初の薬であり、避妊薬としても有効です。月経困難症や男性ホルモン剤とは異なり、服用当初は少し体重が減少することがありますが、国内では婦人科疾患や難治性のニキビ(大人のニキビ)の治療薬として明記されています。