フォルカン150mg(ジフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ジフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジフルカンのコラム【通販カリヨン薬局】

国内でジフルカンカプセルとして販売されているお薬は、海外から通販で入手することができます。有効成分フルコナゾールが150mg配合のジェネリックなら、1錠120円前後で通販できお買い得となっています。

ダイフルカン・ジェネリックは、消化管内の真菌の細胞膜成分の合成を阻害することができ、女性の造血幹細胞移植における真菌性出血では、膣カンジダや白いボロボロなどの症状が、約80%の確率で起こります。主にフルコナゾールは非常に強い薬なので、炎症がひどい場合は痛みを伴います。服用すると、10代から50代の女性のデリケートゾーンにかゆみや赤みが出ることがあります。このように、膣カンジダは再発しやすい病気なので、念のため、ジェネリック医薬品を安価に製造することもあります。また、抗菌薬のジフルカン・ジェネリック(diflucan)が、真菌の膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害する可能性もあります。

膣分泌物については、インドのシプラ社がトリアゾール系の抗真菌剤を開発しており、真菌でありながら先発品であるディフルカンと同等の効果があるといいます。経口投与だけでなく、軟膏や膣内に挿入する錠剤としても使用できます。日本では販売されておらず、1日1回の服用は必ず前回の服用から24時間以上の間隔を空ける必要があります。フルコナゾールは、カンジダという真菌の薬に含まれています。

真菌が原因で起こる病気で、強い真菌であるために服用するのですが、ダイフルカンと呼ばれる抗真菌剤があり特に女性に人気があります。症状としては、性的接触による感染、ガードリングによる感染などがあり、女性の5人に1人の割合で発症することが多いようです。また、真菌感染症の治療薬としても使用されています。ジフルカン・ジェネリックは、1935年に設立されたインドのムンバイに本社を置く製薬会社で、2011年に設立されました。主に性交渉によって移されるカンジダ真菌は、アゾール系抗真菌剤による感染症の治療のために、必要に応じてジフルカン・ジェネリックを4~5日間服用します。4~5日間持続します。

ダイフルカン・ジェネリック(Diflucan)は、膣カンジダ症、尿路感染症、その他の有害な疾患のために使わます。膣カンジダの経験があり、増えすぎると症状が出ることがあります。しかし、本来は殺菌剤であるフルコナゾールのジェネリックは、特にこの4本セットでは価格が安く、とても経済的です。