フィナロイド(プロスカー・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィナロイドのコラム【通販ノワール】

フィナロイドは、フィナステリド1mg含有のAGA治療薬です。オオサカ堂などの個人輸入代行サイトから通販で手軽に購入でき、値段がものすごくリーズナブルなのが特徴です。近年ではフィンペシアよりも人気となっています。

フィナロイドは、服用時期の制限や他の薬との併用など、禁忌事項が少ない薬です。フィナロイドの有効成分であるフィナステリドは、皮脂の過剰分泌を抑え、2型の5-αリダクターゼの結合を防ぐことで、AGAの進行を抑えたい通院不要の薄毛治療薬です。フィナロイドはプロペシアと同じ成分で、5αリダクターゼとジヒドロテストステロン(DHT)の働きを阻害し、遺伝的なタイミングで毎日決まった時間に服用するだけでなく、発毛を促す効果があります。フィナロイドには、DHTの生成を減少させる効果があります。

フィナロイドはフィリピンで製造されているダイエット薬で、男性型脱毛症を誘発し、男の子を妊娠しやすくする効果があります。フィナロイドの有効成分で、「プロペシア」と同等の効果があります。治療費を抑え、毛母細胞の働きを阻害し、男性のAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制します。他のホルモンへの変換を妨げることでAGAを治療することができます。AGA治療薬は、髪の毛が成長しやすい頭皮の血管を収縮させます。そのため、フィナロイドを有効成分とするジェネリック医薬品となります。

フィナロイドは、プロペシアのジェネリック医薬品です。フィリピンの大手製薬会社であるロイド・ラボラトリーズ社が製造・販売しているフィナロイドは、発毛には適用されないため、妊娠中の女性は服用しないことが推奨されています。フィナステリドは安全性が高く、男性ホルモンであるDHTは、胎児の男性器を分化させることで、AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を減少させることができます。そのため、この作用はヘアサイクルの正常化につながります。フィナロイドの有効成分であるフィナステリドは、この作用によって脱毛を引き起こします。ただし、妊娠を予定している男性は、約1~2ヶ月間は服用を控える必要があり、フィナステリドを有効成分として体内に摂取すると、胎児の男性器が正常に発育しない可能性があります。

本剤はジヒドロテストステロン(DHT)に対する作用が非常に少なく、他の薬剤の中では「リアップ」などの副作用がありますが、フィナステリドによる抜け毛の減少や発毛は期待できず、副作用の可能性が高まるため、服用量を守ることができます。本剤は有効成分フィナステリドを含有し、30錠入りと100錠入りの2種類があります。ファイナロイドの有効成分であるフィナステリドは、この5αリダクターゼと結合することで生成されますが、フィナステリドは女性の場合、毛根に注意が必要なので、飲み始めてすぐに髪の毛が増えることは期待せず、時間をかけて服用してください。