スピロテロール40mcg(クレンブテロール)

 

 

 

 

 

スピロテロールのコラム【クレンブテロール】

スピロテロールは、クレンブテロール配合の医薬品です。一般的には気管支を拡張するために使われるお薬ですが、最近ではダイエットや筋肉を増強する目的で個人輸入する方も多数いらっしゃいます。

スピロテロールは、アドレナリンのβ2受容体を刺激する効果が得られなかった方におすすめです。これは、日本で処方されている脂肪を燃焼しやすくするためです。脂肪を分解する酵素の分泌を助け、筋肉量を減らしにくくします。より多くの酸素を吸収して気管支を拡張する働きがあると考えられており、気管を広げて呼吸を楽にするために使用すれば、安全に使用できるとされています。

クレンブテロール塩酸塩は、呼吸を楽にする薬です。スピロテロールは、蛋白同化ステロイドであるスタノゾロールに似た作用を持っています。クレンブテロールには、サルタノールのような副作用があります。また、気管支を拡張する作用もあります。スピロテロールの有効成分は気管支拡張剤で、主成分はクレンブテロール塩酸塩です。狭くなっている気管支を拡張します。この場合、咳や息苦しさを解消するためにカリウムを補給します。スピロテロールは、インドの製薬メーカーであるWest Coast Pharmaceuticals社が製造しています。ダイエットのためにスピロテロールを使う人が増えています。日本でも承認されています。

減量目的で継続的に使用することができます。主にジェネリック医薬品として製造され、喘息の治療に使用されるクレンブテロールは、腓腹筋を刺激し、試験開始時に処方されます。スピロテロールは、体温を上昇させます。また、交感神経を興奮させ、骨格筋の血管を拡張させます。これにより、アレルギー反応が起こります。体温を上昇させ、息苦しさを和らげ、筋肉を分解して作られる薬なので、服用・投与すると35時間効果が持続します。

配合されているスピロペント錠の有効成分であるスピロペントをベースにしています。その他、West Coast社が開発した、体温を上昇させ、代謝を高めて脂肪を燃焼しやすくし、尿路の筋肉量を維持しながら体重を減らすのに適している。先発医薬品の一つであるスピロペントのジェネリック。スピロペントよりも安価である。クレンブテロール塩酸塩を主成分とするスピロテロール(スピロペント)は、喘息、肺気腫、腹圧性尿失禁の改善にも存在し、喘息発作や尿失禁の治療薬として開発されています。ウエストコースト社が販売しています。エネルギー源として消費されることで、膨張し、有酸素運動を行います。筋肉を弛緩させる効果があるようです。有効成分であるクレンブテロールは、喘息治療薬や呼吸器系疾患の拡張剤として使用されています。