ツゲイン15(ミノキシジル15%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲインのコラム【通販e.pw】

ツゲインは、インドのシプラ社が製造するミノキシジル育毛剤。2%・5%・10%の3種類あり、いずれも個人輸入では定番の商品となっています。大手製薬メーカー製という安心感に加え、コスパの良さが評価されています。

ツゲインの有効成分であるミノキシジルには血管拡張作用があります。ツゲイン10にはミノキシジル10%が含まれています 有効成分ミノキシジルは頭皮の血流を改善し、ATPは毛母細胞を刺激します。ツゲイン10には、育毛剤ロゲインのジェネリックであるミノキシジルが10%含まれています。ミノキシジル外用剤は、ミノキシジルの血管拡張作用によるもので、特に日本では頭頂部の薄毛(FAGA)の治療に使われています。

ミノキシジルは、米国ではたまたま頭皮の血流を改善したり、毛根の細胞に直接塗布すると発毛そのものを強く促進して血流を増加させるので、高血圧症の薬になっています。ミノキシジルは、もともと高血圧の治療のための経口降圧剤です。特に、シプラ社から販売されているロゲインの両方のジェネリック医薬品となりました。似たような成分を含むミノキシジルは、毛穴から吸収します。頭皮に直接塗布するタイプのミノキシジル育毛剤は、97.8%の方に期待できる商品です。

ミノキシジルの含有量によると、「12週間後には薄毛が改善されており、軽い薄毛治療ではAとして推奨されていた」とのこと。しかし、発毛・育毛・養毛と同等の効果がある有効成分ミノキシジルは、AGA患者には10%のツゲインで、頭皮に直接ツゲインするのは、日本ではリアップやロゲインのジェネリックとなっています。

有効成分であるミノキシジルは、抜け毛を素早く改善するために商品名「ロゲイン」で販売されている育毛剤「リアップ」「ロゲイン」のジェネリック製品です。有効成分ミノキシジルは、薄毛や抜け毛が気になるので、間違えないように揉んで毛根に栄養分を行き渡らせやすくしています。ミノキシジルを5%異常配合しているので、新薬のロゲインよりも高濃度なので、価格も安く、薄めて使うことができて経済的です。女性は、5%以上は高濃度のため使用できません。ミノキシジルは女性にもおすすめです。

ミノキシジルは日本皮膚科学会で承認されています。ミノキシジル外用剤の経済的負担が軽減され、AGA治療に使用しても安全な薬剤であることから、日本では内部型の薄毛が発症する「若ハゲ」と呼ばれる状態で使用されており、本剤は口から服用して毛根に栄養を与える育毛剤です。日本では、男女ともに90%以上の効果を最低でも半年間で実感でき、視覚的にも効果を維持することができます。