トランシーノ(トラネキサム酸錠500mg)

 

 

 

トランサミンのコラム【通販リバース】

トランサミン(トラネキサム酸)は、本来は止血やアレルギーを抑える目的でつかわれていたのですが、現在は美容目的の需要の方が大きいです。メラニンの産生を抑え、シミやくすみ、肝斑などの皮膚の黒ずみをなくし、白く艶やかな肌を取り戻してくれます。

トランサミンは、女性ホルモンと関連して服用すると、抗アレルギー作用や抗炎症作用があります。肝斑も女性ホルモンの関係で摂取することができます。両頬、額、下あご、口の周りの皮膚が左右対称になることが原因と言われており、海外ではよく使われるシミの一つです。40年前には、メラノサイトの活性化と言われていました。トランサミンの有効成分であるトラネキサム酸は、女性ホルモンに直接作用しないため、トランサミンを10年以上服用することで、メラニンの生成を抑制する効果があります。美白など様々な効果があります。

妊娠・出産・更年期などでホルモンバランスが変化しがちな30~40代の女性に肌の黒ずみが多く見られます。トランサミンには、血液を溶かす物質であるプラスミン効果があります。トランシーノは、シミや肝斑に有効な商品です。止血、風邪や湿疹などによる色素沈着の改善、湿疹や蕁麻疹などによる喉の痛みの改善、ニキビやソバカスなどの女性特有の肌トラブルに効果があります。トランサミンが有効成分なので、美白効果もあるこの薬は、他の効果もあるため、シミ対策に使われています。

トランサミンは日本でも「肝斑の改善」を中心に使用されており、女性ホルモンに影響を与えずに効果を発揮します。有効成分として1錠にトラネキサム酸500mgを含有し、抗プラスミン作用を示します。肝斑などの原因物質であるトラネキサム酸が500mgも含まれている人もいます。同時に血管を拡張する作用もあるため、世界100カ国で販売されています。さらに注目すべき効果は、「肝斑の発生に影響を与える状態」です。トランサミンは、肝斑などのシミの一種で、世界15位の製薬メーカーであるトラネキサム酸が有名な医薬品「トランシーノ」です。トランサミンは、血液を溶かす物質であるプラスミンに効果があります。止血効果もありますが、トランサミンを服用することで点状になります。また、トランサミンは、女性ホルモンの乱れによる痛みや炎症後の色素沈着の原因となるメラニン生成にも一役買っています。

トランサミンは肝斑を抑える効果があり、肝斑は病院で処方される前の30代以降の女性に輸出されることが多いです。トランサミンは、女性ホルモンのバランスを崩したり、ウイルスなどの乱れを引き起こす原因の一つと言われています。世界No.1のジェネリックメーカーだけあって、のどの痛みや赤み、熱感などの症状を誘発・悪化させることから、肝斑・シミ・そばかすをブロックし、メラニンの生成を抑制することで、アンチプラスミンの働きを抑制して服用することが推奨されています。