クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

 

クロミッドのコラム【通販 エージェント】

クロミッドのジェネリック薬(Klomen)は、クエン酸クロミフェンを主成分とする排卵誘発剤です。脳内の下垂体という部位の性腺刺激ホルモンに作用することによって排卵を誘発させる効果が期待できます。男性の不妊症にも使われることがあるだけでなく、アナボリックスステロイドの副作用を抑えるケア剤としても有効です。

無排卵サイクルに悩む女性にはクロミッドを半分にし、体内のホルモンを増やして卵胞を育てます。クロミッド(排卵誘発剤)によって、LH(黄体形成ホルモン)と(FSH)黄体形成ホルモン(LH))が分泌されます。日本でも不妊症(無排卵周期)に使用されており、ここでは男性が不妊治療として使用されています。GnRHにはあまり適していないと言われています。クエン酸クロミフェンは、1回の排卵誘発剤の服用で月経を完全に止めます。クロメンを服用することで、男性が服用することもあります。また、FSHは女性ホルモン剤で、男女ともに生殖細胞の成熟に必要なホルモンの分泌を促し、卵胞の成長と排卵を誘発し、排卵の過程で卵子の発育を妨げることで排卵を誘発する効果が高いです。

男性不妊による不妊症(無排卵性周期性不妊症)の治療および排卵誘発に使用されます。クロミッドのジェネリック(Klomen)は、日本では発売されていません。排卵誘発剤は、排卵誘発剤が100mg含まれている場合、精子の生成が弱くなる可能性があります。蛋白同化ステロイドの服用によってもたらされる効果は、クロミフェンを100錠必要とします。排卵誘発剤は、新薬よりも安価な薬が効きすぎるようになった場合、タイミング療法や人工授精に使用することができます。

エストロゲンが低い場合、卵胞を大きく育てるのに役立ちます。脳下垂体に作用することで、精子数の増加につながりますが、これは女性、男性、あるいは両方に原因があると考えられます。これは、脳の視床下部の部分です。クエン酸クロミフェンは、タイミング療法、人工授精、体外受精の際に、抗エストロゲン(抗女性ホルモン)の分泌量が多いため、排卵日を予測しやすくなることから、排卵誘発剤の服用開始後12~14日目に排卵を促すホルモンである卵胞刺激ホルモン(FSH)が不足している方に使用します。

排卵誘発には、クエン酸クロミフェンによるエストロゲンが重要です。女性が排卵を促すためには、速やかにテストステロン濃度を適正値に戻すことが挙げられていますが、副作用としてテストステロンの分泌量が減るという現象が起きています。クロメンの場合は、排卵日に合わせた行為が効果的です。男性不妊症の治療にも適しています。クロミッドを服用した排卵障害による不妊に悩む方に人気のある薬であるため。視床下部にあるGnRHというホルモンの分泌を活性化し、男性ホルモンの分泌を正常に戻しますが、注意しなければならない副作用があります。