ディオバン(バルサルタン80mg)

 

 

 

 

 

ディオバンのコラム【通販くすりロイヤル】

ディオバンは、血圧上昇作用を抑制する薬剤に分類され、高血圧に悩む方に処方されます。アンジオテンシンIをアンジオテンシンIIという物質に置き換えることで、血液を全身に循環させる役割を持つアンジオテンシンII受容体自体の活性を阻害します。

アンジオテンシンIIは、加齢、ストレス、喫煙、運動不足、塩分の過剰摂取などが原因で 高血圧症の血圧低下を引き起こします。有効成分のバルサルタンは、塩分・脂肪分の過剰摂取、運動不足、過度の喫煙などが関係していると言われています。高血圧症の合併症として特に多いACE阻害剤と類似しています。ディオバンの有効成分は腎臓で血圧を一定に保つ働きをします。

ディオバンは、バルサルタンを配合した高血圧治療薬と言われています。バルサルタンは、肝臓で血圧の上昇を抑える働きがあります。ディオバンは小児の高血圧にも効果があり、保険適用されています。1日1回の服用でよく、さらに薬価も比較的安いので、コストパフォーマンスに優れた薬です。

高血圧症が引き起こす合併症のうち、ディオバンはアンジオテンシンII受容体の結合を阻害する効果があります。つまり、アンジオテンシンII受容体に結合することで、アンジオテンシンIIは存在するだけで1日中その効果を発揮しますので、1日160mgはアンジオテンシンIIの一種に分類され、アンジオテンシンIIはその受容体遮断薬、つまりARBとして、高血圧症そのものを改善します。加えて、腎臓でのコントロールも行います。ディオバンは、有効成分160mgの高用量を含むことが望ましいです。

ディオバンには血圧を下げる効果があるため、いくつかのメカニズムで制御されており、高血圧を治療するための薬が怠らないようになっています。ただし、年齢や症状に応じて、必要に応じて投与量を増減することがあります。また、ARBではバルサルタンが血圧を上げます。これは、血管が収縮して血液をスムーズに循環させることができない状態である動脈硬化によるものです。

ARBの最大の特徴は臓器保護作用です。血圧が正常値よりも高い状態で降圧効果と臓器保護効果を発揮しますが、アンジオテンシンIIという物質を生成して腎臓に来てしまいます。その結果、血管収縮を誘発することになります。そのため、動脈硬化のダメージ、心筋梗塞、動脈硬化、狭心症の緩和・予防などのリスクが高まります。

高血圧は、心臓や腎臓に負担をかけます。この血圧を有効成分バルサルタンでコントロールすることで、アンジオテンシノーゲンという物質を抑制し、アンジオテンシンII受容体拮抗薬は心臓から大動脈に血液をスムーズに送り出すための薬です。