イトラゾール(イトラコナゾール100mg 15錠)

 

 

 

 

 

イトラコナゾールのコラム【通販メンション】

イトラコナゾールは、カンジダ症、水虫、カンジダ症、表在性皮膚真菌症など、ヒトに影響を与える真菌の治療に広く使われています。毎日服用することで、真菌による影響を抑えることが可能となります。

イトラコナゾール錠が処方されるのは、効果が高く、爪水虫の治療に適しているからです。1日4カプセルを服用することで、真菌感染症や尿路性真菌(カビ)を退治する薬です。スポラルは人間には効きませんが、体が弱ったときの感染症、白癬(はくせん)を改善した殺菌剤で、スポラノックスとイトラコナゾールの錠剤もあります。これまで、手足や皮膚、股間部のカンジダ感染症を治すことは困難でしたが、真菌製剤であるため、表面が硬く、外用薬でも同様に治療効果があります。

外用薬は消化管内の菌に作用して、菌を破壊し、増殖を抑制し、さらに殺菌効果もあります。2007年には、主に水虫や皮膚の深部に存在する真菌の働きを抑制する効果があることが判明し、先発品と同等の優れた治療効果を発揮できることから、その信頼性が検証されています。イトラコナゾールは菌核病などによる真菌も殺菌します。また、様々な真菌が持つ酵素であるエルゴステロールが体内に定着して増殖する際に、その生合成を阻害します。

爪真菌症(爪真菌症の原因となる真菌薬と比較して3回繰り返す方法)など、特に塗りにくい場所の爪真菌の治療にもイトラコナゾールはよく使われ、一般的には他の抗真菌作用や作用時間があるとされています。イトラコナゾール錠のように治療費を抑えながら、爪真菌症(爪白癬)を治療できる薬剤は他にはありません。

イトラコナゾール錠のジェネリックは、外用薬が特に効果がないことや、エルゴステロールと呼ばれる真菌の細胞は、人間の細胞とは異なりコレステロールから作られることから、イトリゾールとして処方されてきました。イトラコナゾール錠は、これまで真菌感染症に効果がなかったものも含めて、さまざまな真菌感染症の治療に使用することができます。

リアゾール系抗真菌剤は、生命活動に必要な細胞膜成分の産生を阻害します。真菌感染症であるトリコフィトンやカンジダによる感染症に効果があり、真菌感染症による様々な症状を抑えることができます。

イトラコナゾールは、カンジダによる真菌感染症や白癬(ぜにたむし)などの除去効果が認められています。真菌による皮膚の炎症などは日本では治りにくいとされていますが、イトラコナゾールの錠剤を食後に1~2錠飲むだけという手軽さで症状を緩和できます。